モニターの声

まさに現地校で授業を受けているのと同じ感覚です。

日本に帰国してから、いろいろな英語塾を調べたり、実際に通ったりしましたが、通うことだけで結構な時間・労力がかかってしまうこと、また、ネイティブの先生の授業であれば授業の内容はともかく、それだけで費用も高額になってしまうこと、せっかく通っても中味が帰国子女には物足りなかったり、そうでなければいかにも日本的な細かすぎる文法のみ重視のところだったりして、なかなか満足できる英語塾に出会うことができませんでした。 そんな状況で、半ばあきらめかけていたところ、この英語補習校の存在を知りました。 今までのように、長い時間をかけて遠い英語塾に通ったりする手間もなく、パソコンひとつあればすぐに始められること、教師の経験のあるネイティブの先生に教えてもらえること、また、それにしては費用も良心的なことなど、我が家の希望にぴったりだと思いました。また、ネイティブの先生であっても、以前の英語塾のように、一対一の個別授業だと、いまひとつ子供のモチベーションがあがらなかったのですが、こちらは他の帰国子女のお友達といっしょなので、子供も楽しそうで、英語を話そうという気持ちが盛り上がるようでした。日本に帰国すると、周りはみんな日本人で英語を話す環境から突然遠ざかってしまうので、この「英語を話そう」とする意欲、モチベーションというのは、子供にとっては意外と大切なポイントなのです。 この学校の良いところは、何といっても堅苦しい日本の英語塾にありがちな文法中心の本ではなくて、海外に居たころに実際に現地校で読んでいたようなテキストを使って、帰国子女のお友達と意見を交換しながら、現地校と同じ雰囲気で学べるところにあります。 アメリカ人の先生とのやりとりの中では、子供たちは英語で直接ものごとを考え、英語からいったん日本語へ置き換えて訳すなどの手間がないので、自然なかたちで英語を続けることができます。まさに、現地校で授業を受けているのと同じ感覚なのです。海外で培った、「英語を英語で考える習慣」を子供に残してあげられること、これは大変大きな利点だと思います。 「インターネットを使った授業って、どんな風なんだろう?」と、私も最初はドキドキでしたが、先生がたは、みんな優しくて教えることに熱心ですし、スタッフの方々も、いつも誠実に丁寧なフォローアップをしてくださり、感心させられます。 授業も、cacooと言われるホワイトボードを使ってパソコンの画面上なのに、まるで黒板で授業を受けているようのと同じように授業を受けることができて、いろいろな意味で、こういった日進月歩であるツールを積極的に取り入れていらっしゃることに新鮮な驚きを感じています。 子供たちも、驚くほど早くインターネットを使った授業に慣れていきます。 これからも、この良い雰囲気の中で英語力を維持・伸長していければと考えております。
(First grade/♂ & Sixth grade/♂)



英語の維持だけでなく向上にも繋がったのではないかと思います。

現在小学校3年生になる娘は、1年生の時にアメリカに1年あまり在住し、現地の小学校1~2年生に通っておりました。帰国時には現地の学年相当の英語力が身につき、姉妹での会話も英語になる程でしたが、 帰国して英語の必要性が無くなると、途端に英語力が衰えてしまい、勿体ないと感じました。何とか維持したいと考え、帰国後9ヶ月ほど経ってからリターニー補習校の小3クラスのレッスンを受けました。 娘はコンピューターやビデオ電話に慣れていませんでしたので初めは不安もありましたが、先生がとても分かりやすく話して下さり、言葉だけでなく、文字や絵で視覚的にも教えて下さいましたので、聞き取れずに分からないと言うことはありませんでした。 また、子供の興味を惹きつけるよう音や絵、会話を色々と工夫されていたので、集中力が落ちることもほとんどありませんでした。このレッスンの利点は、ただ会話するのではなく、英語を現地教師に学べるという点で、文法等も学ぶ必要のある 小学生にとって重要だと思います。また、宿題も出ますので、レッスン時間以外の学習も増えました。もう一つの利点は家で授業を受けられる点です。私(母)は働いており、思うように娘を習い事に連れ行けませんので、わざわざ教室に連れて 行く必要がないため、とても楽に授業を受けられました。コンピューターの不具合に対してもスタッフの方が迅速に対応して下さり、回避方法を教えて下さりました。 娘は毎週楽しそうに授業を受け、英語の維持だけでなく向上にも繋がったのではないかと思います。 帰国当時に色々と探した近所の英会話スクールでは満足できない場合が多かったので、この様な帰国子女に特化した新しいタイプのレッスンは、ある程度英語の出来る子供の英語力維持に適していると感じました。
(Third grade/♀)



ページトップへ